40代メンズのスキンケアの正しいやり方!メンズコスメのおすすめブランドも紹介!

40代独身男性にしてスキンケアに拘る管理人が、メンズのためのスキンケアの正しいやり方と、メンズコスメのおすすめブランドを紹介します。

40代男性の内側からのスキンケア!片岡鶴太郎さんの食事内容を参考にしよう!

片岡鶴太郎さんの食事内容とライフスタイルから学ぼう

お笑い芸人として、俳優として、ボクサーとして、そして近年ではヨガの実践者、自分の個展を開くほどの画家として、あらゆる方面で才能を発揮されている片岡鶴太郎さん。とりわけヨガのストイックな求道者として最近は話題になることが多いですね。

 

片岡鶴太郎さんは見た目も若々しく、肌年齢も若いです。その食事内容やライフスタイルを学ぶことで肌にいい食べ物や習慣を知ることができます。大変参考になります。

 

人並外れた集中力や芸術的センスは、どうやって磨かれたのか、、気になりますよね。

 

f:id:mens-beauty-info:20181118124043j:plain

 

片岡鶴太郎さんの近著『50代から遊べば人生は愉しくなる』に現在の片岡鶴太郎さんのライフスタイルや食事内容が詳しく紹介されています。(僕はkindle版で読んだので写真は白黒です) いつか迎える50代に繋がるような、40代を過ごすためのノウハウが色々と書かれていますよ。

 

片岡鶴太郎さんは食事が一日一食であることやショートスリーパーであることから、ストイックすぎるとか、食事内容が偏りすぎていてこのままだと病気になる、だとか、急激な体重が減少していることから、ヨガのやり過ぎだとか、マイナスの評価が多く聞かれます。

 

これは片岡鶴太郎さんが有名芸能人なので、そういって叩いた方がネタになるから、大した知識や見識ももたない自称有識者が放った適当な発言が殆どのように見えます。

 

病気の人や心身の健康を損ねた人が、こんなに様々な分野の仕事で立派な実績を残せるはずがありませんよね。特に役者、画家、書家といったクリエイティブな仕事は感性と集中力が研ぎ澄まされていないと、とてもできない仕事ですよね。

 

 

片岡鶴太郎さんの食事内容、メニューはこんな感じ

片岡鶴太郎さんはご自身の著書の中で、現在の食事内容を詳しく紹介されています。ちなみに昔、ボクシングをやっていた頃は1日2食にしていたそうです。そしてヨガを初めてから現在は1日1食のようです。

 

マクロビアンには1日1食のスタイルの方は多くいるので、全然驚くことでもないのですが、1日3食が一番正しい食生活という一般常識に当てはめてしまうと驚くことですよね。僕も昔はそう感じました。

 

1日1食、ということが重要なのではなくて、体が欲していれば食べればいいし、拒否していたら無理に食べなくていい、という自由な発想になることが大事なんですよね。

 

片岡鶴太郎さんも同じようなことを書いていらっしゃいます。基本的な食事内容は玄米菜食だが、会食に呼ばれれば肉だって食べます、と。

 

片岡鶴太郎さんは1週間分の食事を作り置きしておくそうです。

 

  • アスパラとじゃがいものポタージュ
  • きんぴらごぼう
  • かぼちゃの煮つけ
  • きゅうりとみょうがと山椒の実の塩漬け
  • なすとピーマンとししとうの味噌炒め
  • トマトと生姜と山椒の実のはちみつ漬け
  • ひよこ豆とアボガドとパプリカのサラダ
  • 根菜の煮つけ
  • 大根の梅煮

 

こういったメニューを週に1度、作り置きして、玄米と一緒に頂くそうです。それに合わせて野菜、季節のフルーツ、種実を食べる。種実というのは、くるみ、ごま、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、アーモンドなどのことです。

 

f:id:mens-beauty-info:20181118134543j:plain

 

これらの作り置きメニューをザッと眺めてみると、マクロビオティックの料理には欠かせない定番食材ばかりなんですよね。

 

マクロビオティック料理を食べられるお店などに行ってみると分かりますが、ひよこ豆・パプリカ・根菜・梅などは使われる料理が多いですね。片岡鶴太郎さんがレシピ集を出したら、僕のようなマクロビアンは買いますよ。独身男性でもできる簡単マクロビ料理集として価値があります。

 

 

マクロビオティックの視点で捉えると、片岡鶴太郎さんは完璧にバランスの取れた理想的な食事内容で健康をキープ、むしろ増進していると断言できます。マクロビティックの講師をやっているような詳しい方でもそうおっしゃると思います。

 

 

しかし西洋医学や西洋の栄養学の視点だと、不健康な食事スタイルというレッテルを貼られてしまうから、そのうち病気になるぞ、痩せすぎなんじゃないか、という話になってしまうんでしょうね、、。

 

視点が異なると評価も180度変わってしまう。西洋の栄養学からすると魚や肉をしっかり食べることは重要ですから。

 

 

このあたりはご自身の直感と体の調子に聞いてみるのが一番です。理論や理屈じゃなくて、自分がイキイキと一日を過ごせる方を選択するだけです。僕もマクロビオティックの理論から入ったのではないですし。その方が体調がいいし体も軽いし、頭も冴えるからマクロビアンになっただけのことです。

 

静かに自分の心と体の声を聴いてみてください。深呼吸して、頭を空っぽにして。そうすれば聞こえてきますよ。直感を信じましょう!

 

 

肌にいい食べ物は、体にいい食べ物と一致します。健康な体内の循環やホルモンバランス、自律神経のバランスなど、、それらが僕たちの肌を作っているわけですから。まず簡単に真似できるのは玄米を炊くことと、旬の食べ物を頂くことですね。