40代メンズのスキンケアの正しいやり方!メンズコスメのおすすめブランドも紹介!

40代独身男性にしてスキンケアに拘る管理人が、メンズのためのスキンケアの正しいやり方と、メンズコスメのおすすめブランドを紹介します。

40代メンズの秋花粉症対策!!2018年も辛い時期がやってきた!

秋花粉症のシーズン到来!!秋花粉症の原因と症状

今年2018年は飛んでますねえ、、秋花粉が!!もう目は痒いし鼻はズルズル出るし、大変なことになっております。。4年前くらいは秋花粉の症状が、本当に辛くて寝込んでしまうレベルだったのですが、ここ数年は症状が治まっていたので安心していました。しかし今年は不意打ちで、急に症状が発生しました。

 

今年の夏はまれに見る猛暑でしたから、花粉をまき散らす木がグングン成長して、いつも以上の量の花粉をまき散らしているようですね。。色々な種類の花粉が飛んでいますが、一番多くの人が反応しているのはブタクサです。

 

f:id:mens-beauty-info:20181106213748j:plain

 

ブタクサをはじめとする秋の花粉症のシーズンはおおむね9月~10月と言われていますが、今年は僕を含め、周りの仲間の様子を見ても11月に入ってから急に秋花粉症発症、という報告を多く耳にします。

 

思い返してみると9月~10月は非常に寒暖差が激しかったですよね。夏のように暑い日があったかと思えば、急に冬のように寒くなったりしていましたよね。その辺の気候の変動がこの時期の変動を産んでいるのだと思われます。

 

僕が一番、花粉症の症状が出るのは多くの人たちと同じで春のスギ・ヒノキの花粉が飛散する時期です。今年の春に、3種類の飲み薬と、目薬、鼻薬を処方してもらい、更にマスクも箱買いしておきました。

 

それを処分せずにそのまま残しておいたので、秋花粉の不意打ちに合った先日、春の花粉症対策アイテムをまとめて取り出し、とりあえず症状を押さえて乗り切ることができています。

 

この時期の花粉症は夏風邪と間違える人が多いです。もう11月なので、夏風邪と間違える人はもはやいないと思いますが、普通の風邪と間違える人は多そうですね。無理もありません。そっくりな症状が現れますからね。

 

例えば、、

  • 頭がボーッとする
  • 熱っぽい、体が熱い
  • 体調がすぐれない
  • 鼻水が止まらない

 

このあたりが秋花粉症と風邪と、共通した感覚です。風邪は数日寝ていれば治ります。もし何日か経っても症状が変化しない場合は、秋花粉症を疑うべきです。ただもう一つ、疑った方がいいアレルギー症状がありまして、それが寒暖差アレルギーというものです。

 

文字通り、寒さと暑さの環境の違いに対応できずに発症するアレルギーです。寒い屋外から暖かい室内に移動したときなどに、症状が出ているなと感じるようでしたら、寒暖差アレルギーの可能性は高いと思われます。

 

 

 秋花粉症の対策に効果的なもの

僕が自分の症状を抑えるために実践している対策をご紹介してみたいと思います。

  1. 医者で薬をもらう(飲み薬、鼻薬、目薬)
  2. 外出時は必ずマスク着用。ドラッグストアのお徳用を箱買い。
  3. 玄米を中心の食事を心がけ、粉物やスナック菓子は避ける。麺類などの粉物はアレルギー症状を悪化させます。スナックなどもそう。
  4. 漢方薬やサプリメントも併用。薬ほどの急激な効果は期待できませんが、副作用も緩やかであるため、長期的な治療の一環として服用しています。
  5. アロマの匂いでリラックス、風呂にゆっくり浸かる。秋花粉症の症状が出てくしゃみが止まらなかったり、鼻水が出るのをこらえたりしながら生活していると、知らず知らず、全身に力が入り、緊張状態になっています。これらを緩和させると楽になります。
  6. 三年番茶を飲む。マクロビオティックの基本となる飲み物。体内のバランスが整ってアレルギー症状が緩和されます。湯気を目にあてると目のかゆみが取れます。これは本当にオススメです。

 

 

僕自身の体感としても、周りの花粉症の仲間を見ても、やはり例年の比ではないくらいヒドい症状にみんな悩まされています。ですからしっかりとした対策をする必要がありそうですね。幸い、12月に入り季節が冬になれば秋花粉のシーズンも終わりです。少しの間の辛抱です。それまでなんとか乗り切りましょう!!